黒ずみがある場合の医療レーザーによるVIO脱毛は大丈夫?

医療レーザー脱毛という脱毛法は、毛根に含まれるメラニン色素に、レーザーが反応し、毛根にダメージを与えていく方法です。
そのため、肌に黒ずみがある場合には、黒ずみにレーザーが反応してしまうのではないかと不安になりますよね。
特にデリケートな部位であるvioラインに医療レーザー脱毛を受ける場合などには、これはとても気になるポイントです。

 

vioラインという部位は、非常に黒ずみができやすい部位です。
下着などで蒸れた状態になったり、衛生状態が保ちにくく、また摩擦も受けやすいですよね。
さらに、vioラインの肌を気にして毎日スキンケアしているという人は非常に少なく、常に過酷な状態にさらされていると言っても過言ではありません。
そのような状態が、黒ずみを引き起こしています。

 

ですが、そんな状態であっても、vioラインの医療レーザー脱毛は不可能ではありません。
むしろ、脱毛を受けることにより衛生状態が保ちやすくなり、また自己処理が不要になったり、保湿を心がけるようになることで、肌状態が改善される可能性もあります。
そのため、デリケートゾーンの肌状態に悩まされている人ほど、受ける価値のあるものであると言えますね。

 

ただし、状態によっては施術が断られる可能性も無いとは言い切れません。
まずはカウンセリングの際に肌の状態についてよく相談し、安全に医療レーザー脱毛を受けることができるかどうかを確認しておきましょう!
どうしても不安な場合には、vioラインの肌の状態を事前に見てもらい、判断してもらうと安心ですね。